漫画おすすめソムリエ子

月に100冊の漫画を読むソムリエ子が、あなたに適った漫画(完結済み)を紹介します!ネタバレを含む感想も書いていますので、ぜひ意見交換しましょう!

[バレあり]めがはーと_感想041[3点]

f:id:ritomi:20190211194554j:plain
今回は『めがはーと』のストーリー毎に私の感想と注目ポイントを紹介したいと思います。ストーリーの分け方は私の分類によりますので、もしかすると皆さんとイメージと違うかもしれません。

本記事ではネタバレを含みます。

めがはーと (ビッグコミックススペシャル)

めがはーと (ビッグコミックススペシャル)

 

各ストーリー感想

独占欲編 1巻(1話)

寿命の譲渡を愛の押し付けと認識した上で行う年上の彼女。恋愛経験が全くない大学生の僕。死ぬまでの60年間、相手を愛せられるかどうか不安を持つ僕の話。

 

“本当は僕の寿命があと少しだった”というオチは、ありがちです。自分の寿命を半分近く譲渡しても、この場合30年近く譲渡しても、彼女に悔いはないでしょう。

 

『Jヲタ男子☆朝比奈くん』にありましたが、出合うことで世界に色がつくことがあります。彼女にとって、僕はそれだけ大切な存在だったんでしょう。彼女自身の発言にも、“最期を独り占めしたい、されたい”とありました。

 

この漫画のテーマは“自己愛の押し付け”と1話目から掲げられ、少しびっくりしました。自分の寿命を譲渡することこそが愛の証だ、とピュアに考える人たちの話と思って読み始めたところに、1話目があります。

 

ただ、寿命の譲渡ができるということは、相手から譲渡し直してもらえる、つまり、返してもらうこともできるということです。相手と別れる時は、返してもらえばいいので、弩級な愛の押し付けの割に、リスクは低めです。笑

 

都合がいい女編 1巻(2話)

頭と小股が緩めな女の子と阿呆な先輩の話。

この話、女の子に全く救いがありません。先輩のセフレとなりながら、先輩を好きな女子高校生。勝手に寿命を譲渡するも、それを有難がることも、気持ち悪がることもなく、「ふ~ん」で終わる先輩。

 

公式にでは、結婚した者同士、身内同士でしか寿命の譲渡を行えないようですが、女の子は非合法に先輩に寿命を譲渡しています。待ってください。寿命の譲渡の費用ってどれくらいなんでしょう。公式の譲渡でも費用はかかるでしょう。では、非合法での譲渡では?

 

女の子は高校1年生で、譲渡の話の際に、お金の話がでていません。女の子は、お金ではなく、寿命を業者に吸われたのでしょう。彼女自身は、数年分を渡したつもりでしょうが、実際には、その半分も先輩には届いていないでしょう。

 

女の子の寿命は数年分しか減っていません。どこから費用を徴収するかというと、吸い取った寿命からです。3話でわかりますが、寿命は機械に貯蔵できます。なので、先輩に渡った寿命は、吸い取られた数年分から手数料を引かれた残りになります。なんとも救いがない話です

 

3話から、1人最大100年までの寿命のようですが、非合法の譲渡ではいくらでも寿命を延ばせます。でも、ここで言われている寿命は“健康寿命”ではなく、最大限生きられる時間としての寿命です。植物状態になっても寿命がある限り生きられる、生かせられる、そんな世界です。

 

兄妹編 1巻(3話) 

アイドルになった妹と“普通”な兄の話。

妹と兄には性的関係があります。それは、この世界では認められていないことだから、妹はお金を稼いで兄と2人で暮らす生活を目指しました。しかし、実際には、アイドルとして活躍すればするほど兄との距離が開きました。

 

妹の兄への気持ちは変わりません。そして、兄の妹への気持ちも変わっていませんでした。そんな兄は、自分のために生きられず、残りの人生を妹に譲渡しました。なんという兄妹愛でしょう。兄の妹への愛の重さ、そして、妹の兄への愛の重さ。

 

「めがはーと」は、目がハートになるほど相手にぞっこんであること、を意味していると思っていました。が、この作品を読んで変わりました。めがはーとは、愛の重さを表しています。メガ級に重い愛。

 

お互いにお互いのために行動していました。妹はお金を稼ぎ未来につなげるため、兄は自分を犠牲に妹が長生きできるよう。・・・、兄は弱いですね。寿命の譲渡による愛の表現は、重い割に楽にできる行為です。その延びた世界に2人でいないと意味がないでしょうに。

 

2話と3話は反対の話です。私は、この話、好きですよ。

 

呪い編 1巻(6話)

同性愛の話です。そして、自分よりすべてにおいて優れたパートナーを憎む話です。

 

途中から2人の区別がつかなくなります。それは、彼女が漫画家を憧れるあまり、真似しているからでしょう。結果として、真似が本家を上回り、漫画家は寿命の譲渡による自殺をします。

 

憎いほどに愛している。憎くて憎くてたまらないけど、それと同じくらいに好きな感情が、呪いとしての寿命の譲渡になっています。これまでの3話と違い、愛憎混じった話でした。

 

寿命関係ないやん編 1巻(4,5話)

4話の「スクールゾーン」は、命の重みに気づく中学2年生が描かれています。猫の死をなんとも思っていないと思っていたのに、野良猫の死でリアルな死に触れ、涙が止まりません。

 

これは、寿命の譲渡の軽さを非難するものでしょう。この前までの3話を痛烈に非難する話です。そして、その後に来る6話。寿命の譲渡を愛の表現、憎しみの表現とする漫画家に、彼はどう思うのでしょうか。

 

5話は、よくわかりませんでした。終わり。

 

最後に

“めがはーと”と打つと、😍が表示されますよ!

寿命を譲渡してもいい人がいる方、使ってみてください!

 

こちらから購入できます

めがはーと (ビッグコミックススペシャル)

めがはーと (ビッグコミックススペシャル)

 

 

ネタバレなし評価 

 

おすすめ漫画ランキングはこちら

 

↓B!ブックマーク、よろしくお願いします!