漫画おすすめソムリエ子

月に100冊の漫画を読むソムリエ子が、あなたに適った漫画(完結済み)を紹介します!ネタバレを含む感想も書いていますので、ぜひ意見交換しましょう!

[バレなし]青春相関図_評価037[4点]

f:id:ritomi:20190129164848j:plain

今回紹介する漫画は『青春相関図』です。

本記事ではネタバレを含みません。 

 

読むまでは、以前に紹介した『トモグイ』レベルだろうと思っていました。C級サスペンス漫画ではなく、かなり面白かったです。

 

青春相関図(1) (講談社コミックス)

青春相関図(1) (講談社コミックス)

 

巻数

3巻

 

総合評価 3点(4.2点)

とても惜しい。設定、キャラクター、雰囲気、それぞれが面白いのに。3巻の後半から最後にかけて、膨らんだ風船の空気が抜けるような展開は、とても惜しいです。しかし、そこ以外は、期待以上に楽しめる作品ですよ!

 

各指標評価

1.ストーリー 3点

読んでもいいと思います 

学校の屋上から1人の女子高校生が落ちた。その真相を、主人公である彼氏が解明しようとする話。

 

彼女が作成していた同級生の人間関係を記載した「人物相関図」により、5人のピエロが彼女を追い詰めていたことがわかります。しかし、その相関図には、実名ではなくあだ名が記載されており、主人公は相関図を紐解きながら、真相を解明しようとします。

 

と書けば、『トモグイ』系の漫画と思うでしょう。読むまでは、私もそう思っていました。しかし、本作品、期待以上に面白いです。主人公vsピエロではなく、主人公vs同級生という歪な構図が序盤に確立し、その中で発露される正義感は過激です。

 

彼女が残した相関図をもとに、5人のピエロを探すので、読者もともに、相関図のどこに誰が該当するか考えながら、ピエロを推理することができます。

 

それだけに、3巻の後半から終わりにかけて、すごく残念でした。序盤は1巻1ピエロのペースなのに、終盤で、無理やり残りのピエロが判明します。ここもっとうまくできたでしょう。終わり方は打ち切りの終わり方でした。

 

ネタバレあり感想で詳しく書きます。

 

2.キャラクター 5点

ぜひ読むことをオススメします

主人公は、かなりの自己中心的思想で、彼女が屋上から落ちた真相に近づくためには、周囲を容赦なく切り捨てます。他作品の主人公であれば、 人の弱みに付け込むことを躊躇するでしょうが、本作品の主人公は、使えるものはどんどん使います。

 

ピエロもなかなかに尖っています。1人目のピエロが肉体系なら、2人目のピエロは知能系です。特に、2人目のピエロは、主人公の追い詰め方も素晴らしく、正体が主人公にばれてからの振る舞いも凶器的です。

 

同級生も、自分に被害が及ばないよう、利己的にふるまいます。それぞれの保身的な行動は、学校という閉鎖空間で生き延びるために行使されており、悪意が満ちた空間に適った行動様式です。

 

3.読みやすさ 4点

興味があれば読むことをオススメします

作品に合っている絵です。線は細すぎず、主人公たちは華奢には描かれていません。

コマ割りは、特段挑戦的なものはありませんが、読みやすさという点では、いい感じでしょう。 

 

作品が展開するスピードについていけるよう、形式的に読みやすいです。

 

4.没入感 5点

ぜひ読むことをオススメします

新しい事実が判明するたびに、私は、相関図を見直し、誰がどこに該当するか考えました。そして、ピエロの正体が判明した際は、それをもとに相関図を見直し、誰がどこに該当しているのか確認しました。

 

上記作業は、読み進めるうえでは負荷になります。しかし、この作業があるからこそ、余計に続きが気になり、本作品を深く楽しむことができます。読者は自己の推理、主人公の推理に違和感を覚えながら読み進めるでしょう。相関図がわかった際には、その違和感が正しかったとわかります。

 

なるほど。

週刊誌では、次の話を待つのがつらいですね。単行本向けの作品です。

 

5.独創性 4点

興味があれば読むことをオススメします

人物相関図を用いて、主人公と一緒に推理する過程を楽しめる作品は、なかなかないでしょう。

 

キャラクターらの思考も、平凡すぎず過激すぎず、それでも、現実にも存在しそうな程度に陰気でした。

 

最後に

5人のピエロというのが中二病心をくすぐります。

 

試し読み

 

こちらから購入できます

青春相関図(1) (講談社コミックス)

青春相関図(1) (講談社コミックス)

 

 

ネタバレあり感想 

 

漫画ランキングはこちら

 

↓B!ブックマーク、よろしくお願いします!