漫画おすすめソムリエ子

月に100冊の漫画を読むソムリエ子が、あなたに適った漫画(完結済み)を紹介します!ネタバレを含む感想も書いていますので、ぜひ意見交換しましょう!

[バレなし]少女_評価036[3点]

f:id:ritomi:20190127002209j:plain

今回紹介する漫画は『少女』です。

本記事ではネタバレを含みません。 

 

原作は、湊かなえさんの小説2作目です。私は、6作目まではハードカバーで本(小説)を買っていました。やはり、『告白』の衝撃が強く、それを超える作品を期待していただけに、2作目以降は残念さを感じました。

 

が、4作目の『Nのために』は好きですよ。

 

少女 新装版 (KCデラックス)

少女 新装版 (KCデラックス)

 

巻数

1巻

 

総合評価 3点(3.0点)

“普通で面白い”という評価でしょう。 面白い作品ではありますが、平均的な面白さです。無駄がないので、構成の作り方は参考になると思います。

 

各指標評価

1.ストーリー 3点

読んでもいいと思います 

2人の女子高校生が「死」を見たいと思い、病院や介護施設でボランティアする話です。2人とも、不安を抱えており、「死」を目撃することで、それを乗り越えられると考えています。

  

どちらかといえば、ハッピーエンドです。が、ここで重要なのは、どうハッピーエンドなのか、です。

 

2.キャラクター 3点

読んでもいいと思います

2人の女子高生のすれ違いがうまく描かれています。自分の身の回りのみを“世界”と考え、周りに捨てられると自分の存在価値はないと感じる、思春期特有の思考をうまく表現しています。

 

しかし、魅力的ではありません。他キャラクターを含めて、全てが上滑りしているように感じました。過去の設定、現在の設定、それらがどうしても表面的なもので、その下にあるものを表現してほしかったです。

 

3.読みやすさ 3点

読んでもいいと思います

絵は、好きでない方ですが、読みにくくはないです。

コマ割りは、適度に崩しての配置があり、飽きることはないです。

 

でも、何か苦手な見せ方なんですよね。

パーツでは、目の描き方、全体的には、線の細さが私には合わないのだと思います。

 

4.没入感 3点

読んでもいいと思います

登場する話、人物、出来事に無駄がなく、それぞれがつながっている点は、よく考えられています。つながりに気づいたときにはハッとしますよ。

 

ロシア人の劇作家、チェーホフの言葉に、銃が登場したら発砲されなければならない、というようなものがあります。その感じで、無駄がありません。 

かもめ・ワーニャ伯父さん (新潮文庫)

かもめ・ワーニャ伯父さん (新潮文庫)

 

 

しかし、どうしても引き込まれるまでにはならないのです。上記のように、無駄のない作り方に気づけば、予見しながら読むことができます。その結果、さらさら~と読んでいたほうが、驚きを楽しめるという皮肉な展開になります。 

 

5.独創性 3点

読んでもいいと思います

「女子高校生」と「死」という組み合わせは面白いですね。また、死が見られる場所として、病院と介護施設を選んでおり、その両方を取り上げたのは良いと思います。

 

「死」をテーマにした作品として、オチに向かう流れは想像できるものですが、湊かなえさんの作品を読んだ経験がある人には、ハッピーエンドは意外だと思います。

 

最後に

湊かなえさんの『告白』(小説)に衝撃を受け、『少女』(小説)もハードカバーで買いました。が、『少女』は、私には残念でした。漫画でも、その感想は変わらずです。まだ、映画は見ていないのですが、どうなんでしょうか。

 

試し読み

 

こちらから購入できます

少女 新装版 (KCデラックス)

少女 新装版 (KCデラックス)

 

 

ネタバレあり感想 


漫画ランキングはこちら