漫画おすすめソムリエ子

月に100冊の漫画を読むソムリエ子が、あなたに適った漫画(完結済み)を紹介します!ネタバレを含む感想も書いていますので、ぜひ意見交換しましょう!

[バレなし]トモグイ_評価027[2点]

f:id:ritomi:20181211213914j:plain

今回紹介する漫画は『トモグイ』です。

本記事ではネタバレを含みません。 

 

表紙とタイトルからB級臭がぷんぷんしますね!

この手の漫画は、B級と思っても手にとってしまう魅力があります。

 

巻数

4巻

 

総合評価 2点(2.4点)

期待して読むとつまらないですが、期待せずに読むとそこそこ楽しめます。

学園モノで高校生が暴走していく話です。「それは正義ではない」と読んでいて思うでしょう。しかし、客観的には、私たちも彼らと同じように振舞っているのかもしれませんね。

 

各指標評価

1.ストーリー 3点

読んでもいいと思います

全体的に展開が早く、前半は勢いだけで進みますが、後半は多少読み応えがあります。

 

高校生たちによる先生いじめの計画が狂い、お互いに疑心暗鬼になる話です。先生いじめは、わかりやすい導入があります。が、自殺を演じる生徒が本当に死んでしまい、先生いじめから、自分の欲望を満たすために互いを利用し合う内容に変わります。

 

こういう漫画ではしょうがないのでしょうが、人の命が軽すぎます。何か起きないと飽きてしまう読者も影響しているのでしょう。

 

当初のB級感よりも読める作品でした。特に、やばいやつが正体を現してからは、期待していた以上には面白かったです。

 

終わり方はもったいない。黒幕は正直誰でもいいのですが、その動機が弱い。そこを詳しく描かないからこそ、黒幕の邪悪(あるいは正義)が根本的なものだと言いたいのかもしれませんが。

 

2.キャラクター 3点

読んでもいいと思います

邪悪な者が数人います。それは、暴力といった表面的なものではなく、彼らに根ざしている邪悪さです。基本的に、彼らは自らを正義だと思っています。

 

だからこそ、どのような非道な行いをもやってのけるのです。ドストエフスキーの『罪と罰』にある「選ばれた非凡人は、新たな世の中の成長のためなら、社会道徳を踏み外す権利を持つ」ように、彼らは行動しています。

 

 モブキャラはほとんど描かれません。登場人物は、それぞれ何らかの役割を担っており、他と被らないよう調整されています。

 

ただ、魅力的と思えるキャラクターはいませんでした。全体的に思考が薄く、中二病に脳を侵された感じです。

 

3.読みやすさ 2点

読みたければ読めばいいと思います

絵の好き嫌いが出ると思います。私は、苦手です。

全体的に細い感じが非リアルなんですよね。人間っぽくなくてマネキンのような絵。特に、顔は見ていて不安になる描き方です。著者の狙いは、絵で不安にさせることではないでしょうに。

 

4.没入感 1点

読むことをオススメしません

上で書きましたが、そもそもの絵が非リアルで没入できませんでした。読みながら、これは現実ではないと冷めてしまいます。

 

加えて、内容も過激を詰め込みすぎています。もう少し、それぞれの過激さを薄めれば、もっとリアルに感じられたでしょう。学内のいじめで、程度を超えているものが多発し、嘘っぽくなっていました。過激な内容を絞れば、現実世界でも存在しそうな者を表現できたと思います。

 

もしかしたら、本作品で描かれているいじめこそリアルなのかもしれませんが。。。

 

5.独創性 3点

読んでもいいと思います

学園もので先生いじめは、新しいテーマではありませんし、その計画が狂い内輪揉めする展開もありがちです。

 

しかし、この作品で独創的なのは、各人が薄っぺらい正義感を振りかざし、その信念の基、自身の行為を正当化しているところにあります。それが最初の先生いじめから、最後のXXXまで貫き通されているところは、新しいのではないでしょうか。

 

それら正義に立ち向かう者は非力であり、結果として、正義と正義の潰し合いになっている感が、物語を面白くしています。

 

最後に

副題に「人間狩り」とあり、香ばしそうな内容だと思ってしまいます。私は、最初手に取った時、『喰猟教室』を思い出しました。実際、そういう系の漫画でした。

しかし、『喰猟教室』よりは読める作品でしたよ。

 

試し読み

 

こちらから購入できます

 

ネタバレあり感想